むちうちの慰謝料は相場が低いって本当?計算方法や示談のコツ

交通事故によるケガで最も多いむちうち(頸椎捻挫)。自動車に乗車中の追突事故、歩行中、自転車で走行中の接触事故などさまざまなケースで発症し、後遺症の残りやすいケガです。しかし、むちうちは受け取れる慰謝料の相場が他のケガより低いという話もあります。実際はどうなのでしょうか?
むちうちの入通院慰謝料と後遺障害慰謝料についてわかりやすくご説明します。

  • 公開日:
むちうちの慰謝料は低い?

むちうちで受け取れる慰謝料は?

むちうちは、頸椎(首)に強い衝撃が加わることで発症するケガで、首や背中の痛みをはじめ、手指のしびれや痛み、吐き気、頭痛などさまざまな症状が出る可能性があります。

むちうちは、正式な傷病名ではないため、病院では頸椎捻挫や頸部損傷、外傷性頸部症候群といった診断名で伝えられます。

交通事故でむちうちになると、加害者への慰謝料請求で入通院慰謝料後遺障害慰謝料という2種類の慰謝料を受け取れる可能性があります。

入通院慰謝料は、交通事故によるケガで受けた精神的苦痛に対して支払われる補償です。

後遺障害慰謝料は、後遺症が残り、後遺障害等級の認定を受けた場合に請求できます。

むちうちで受け取ることができる主な賠償金

項目名
治療費
休業損害
入院雑費
通院交通費
入通院慰謝料★
後遺障害慰謝料(後遺障害等級の認定を受けた場合)★
逸失利益(後遺障害等級の認定を受けた場合)

ここでは、★をつけた2つの慰謝料について詳しくご説明します。

相場金額や請求時のポイント、むちうちの慰謝料が低額と言われる理由などをご説明します。

相場の慰謝料を受け取るなら裁判基準で交渉を

交通事故慰謝料の計算には、3つの基準が存在します。

まずは、その基準についてご説明します。

交通事故慰謝料3つの基準

基準 裁判基準
自賠責基準 自賠責保険で決められている金額
任意保険基準 加害者の任意保険会社が提示する金額
裁判基準
(弁護士基準)
裁判をした際に認められる金額

はじめに3つの基準をご説明したのは、入通院慰謝料も後遺障害慰謝料も相場の慰謝料を受け取るには裁判基準を理解しておくことが不可欠だからです

裁判基準は、任意保険基準、自賠責基準と比較して高額で、むちうちの慰謝料では任意保険基準と裁判基準の金額差が数倍(裁判基準のほうが高額)あることも珍しくありません。

そのため、示談交渉では、保険会社に裁判基準の慰謝料の支払いを求めていくことになります。

必ず裁判基準の慰謝料が支払われるとは限りませんが、自賠責基準や任意保険基準と比べると高額の慰謝料で示談できるケースが多いです。

具体的な金額は、後ほどご紹介する「示談交渉をした場合の慰謝料の相場」をご確認ください。

では、むちうちの場合の入通院慰謝料、後遺障害慰謝料の相場を確認していきましょう。

むちうちの入通院慰謝料。低いと言われる理由

むちうちで通院をした際に支払われる入通院慰謝料。

金額の目安は自賠責基準、裁判基準ともに通院期間の長さから知ることができます。

自賠責基準、裁判基準での金額と相場を期間別にまとめてみました。

自賠責基準の入通院慰謝料

1日4,300円×(入院期間+通院期間)、または1日4,300円×実通院日数という計算式で算出します(2020年3月31日までに発生した交通事故の場合は、1日あたり4,200円です)。

任意保険基準の入通院慰謝料

任意保険基準には明確な計算式や金額はありませんが、自賠責基準に比べてやや高い金額なことが多いです。

裁判基準の入通院慰謝料と相場

裁判基準 相場
1ヶ月 19万円 15万2000円
2ヶ月 36万円 28万8000円
3ヶ月 53万円 42万4000円
4ヶ月 67万円 53万6000円
5ヶ月 79万円 63万2000円
6ヶ月 89万円 71万2000円
  • 裁判基準は「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」を参照し、通院のみで算出。
  • 相場は裁判基準の8割で算出したものです。
  • 1ヶ月は30日で計算しています。

裁判基準の入通院慰謝料はあくまで一例です。

通院の頻度や入院の有無などで金額が変わります。

上記の表を踏まえ、基準額や相場のポイントをお伝えしていきます。

むちうちの慰謝料が低額と言われる理由

「裁判基準の入通院慰謝料と相場」でご紹介した入通院慰謝料と相場は、実は他のケガと比べて金額が低く設定されています(むちうちが自覚症状のみの場合。他覚症状が認められる場合は当てはまりません)。

この理由は、むちうちの治療期間にあります。

むちうちは治療に時間がかかることが多いケガで、3ヶ月から半年、人によっては1年近く時間がかかることもあります。

重傷のケガよりむちうちの治療期間が長くなることも珍しくありません。

この際に、同じ基準で入通院慰謝料の計算を行うと、「他のケガと比べてむちうちの慰謝料が高くなりすぎるのではないか」と考えられているため、むちうちだけ裁判基準の金額が低く設定されているのです。

そのため、むちうちで6ヶ月通院した場合と他のケガで6ヶ月通院した場合では、むちうちの入通院慰謝料のほうが低額になります。

これが「むちうちの慰謝料は低い」と言われる理由です。

示談交渉で裁判基準が認められることも

交通事故の示談書

弁護士が保険会社と示談交渉をした場合、裁判基準の8〜9割の金額で解決するケースが多いです

ご案内している慰謝料の相場もこの結果にもとづいて算出しています。

ただし、もちろんこの限りではありません。

示談交渉で裁判基準の満額が認められたケースも多くあります。

ケガの詳細やほかの賠償金との兼ね合い次第で相場以上の慰謝料が支払われることがあり、「裁判基準の入通院慰謝料を認めてもらう代わりに保険会社の主張をひとつ受け入れる」といった交渉をすることがあります。

整骨院への通院も、通院期間にカウント可能

むちうちの治療では、整骨院(接骨院)で施術を受けるケースもありますが、整骨院への通院も通院期間にカウントして慰謝料を請求できます。

ただし、整骨院だけ通い、病院に行かないことはやめましょう。

整骨院だけに通院すると、後遺症が残った際の後遺障害等級の申請に支障をきたすおそれがあります。

後遺障害等級が認定されないと、この後ご説明する後遺障害慰謝料を受け取れず、結果として慰謝料の合計額が少なくなるかもしれません。

また、自分の判断だけで整骨院に通うこともやめましょう。

医師に許可をもらわず整骨院に通院しても、通院期間として認められない可能性があります。

事前に医師と相談をしたり、許可をもらったりした上で整骨院に行きましょう

むちうちの後遺障害慰謝料の相場はいくら?

次に後遺障害慰謝料の基準額と相場をご紹介します。

後遺障害慰謝料は、後遺障害等級の認定を受けた場合のみ受け取ることができます。

基準額や相場は、認定された後遺障害等級によって下記のようになります。

むちうちの後遺障害慰謝料の基準額と相場

後遺障害等級 裁判基準 相場
12級13号 290万円 230万円〜290万円
14級9号 110万円 90万円〜110万円
  • 裁判基準は「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」を参照。
  • 相場は裁判基準の8割から10割で算出したものです。

むちうちで認定される後遺障害等級は、14級9号または12級13号です。

相場の後遺障害慰謝料を受け取るためのポイントをまとめました。

むちうちの後遺障害14級と12級の違いは?

後遺障害14級9号12級13号で慰謝料の金額が大きく変わるのは、上の表の通りです。

どうせなら12級13号の認定を受けたいと思うかもしれません。

しかし、むちうちで12級が認定されるのは下記のケースに限られます。

むちうちでの後遺障害14級と12級の違い

後遺障害等級 認定されるケース
12級13号 レントゲンやMRI検査で頸椎の損傷が認められる場合(他覚症状がある場合)
14級9号 検査結果で頸椎の損傷が確認できない場合(自覚症状のみの場合)

後遺症が残れば必ず後遺障害等級の認定を受けられる?

むちうちで後遺症が残ったとしても、必ず後遺障害等級の認定を受けられるわけではありません。

実は、むちうちは後遺障害認定が難しい後遺症

後遺障害12級13号が認定されるのは、レントゲンなどの画像検査で症状が確認できる場合に限られ、多くの場合は後遺障害14級9号の認定を目指すことになります。

しかし、14級9号も必ず認定されるわけではなく、非該当(後遺障害と認定されない)と判断されてしまうこともたくさんあります。

14級9号の認定を受けるには、後遺障害等級の認定を行う機関に対して次の2つを伝えることが重要となってきます。

  • 通院期間(一定の期間以上、きちんと病院に通院していたか)
  • 自覚症状(むちうちによる痛みなどが継続的に続いていたか)

継続的な通院を続け、医師に症状を細かく伝え続けましょう。

むちうちで相場の慰謝料を受け取るコツ

相場の慰謝料を受け取るポイント

最後に、むちうちで相場の慰謝料を受け取るために治療中から意識しておきたいポイントを確認しましょう。

  • 病院への継続的な通院を欠かさない
  • 病院の医師に自覚症状を都度細かく伝える
  • 等級認定に必要な検査を受ける
  • 治療中から弁護士に相談し、アドバイスをもらう

仕事が忙しい場合でも通院をおろそかにせず、きちんと治療を受けましょう。

欠勤した分の給料は休業損害として請求できますのでご安心ください。

整骨院に通う場合は、病院に通院した上で行きましょう。

むちうちで後遺障害等級の認定を受けるには、一般的に通院期間6ヶ月以上、通院日数100日以上あると、認定を受けられやすいと言われています。

また、病院で診察を受けるときは自分のむちうちの症状を細かく伝えておきましょう。

ケガの直後から症状固定後まで、症状が一貫してあることも後遺障害等級の認定に影響します。

検査を受ける際は、レントゲンやMRIといった画像検査だけでなく、自覚症状があることを証明する検査(スパーリングテストという検査などがあります)も受けるのがオススメです。

また、むちうちでは、加害者の保険会社が通院を終わらせるために「もう治っているのに嘘をついていませんか?」などと言ってくるケースも見受けられます。

相手の言い分に合わせて通院を終わらせると受け取る慰謝料の金額にも影響します。

むちうちによる痛みなどがある場合は、保険会社の言葉を鵜呑みにしてはいけません。

このような保険会社の対応や必要な検査などで気になることがあれば、ひとりで悩まず、交通事故被害に詳しい弁護士に相談するのがおすすめです。

相場の慰謝料を受け取るなら弁護士に相談

むちうちの痛みやしびれは、後遺症が残ると、その後何年にもわたって続いてきます。

その症状はケガをした本人しかわからず、とても辛いもの。

病院で治療や検査をしっかりと受け、相場の慰謝料を受け取るようにしましょう

天音総合法律事務所にご相談いただければ、弁護士が状況に応じて必要なアドバイスをし、適切な慰謝料の獲得に向けて後遺障害等級の認定や保険会社との示談交渉を精一杯行います。

慰謝料や保険会社の対応など、交通事故によるむちうちの悩みがあれば、交通事故被害者の無料相談をお気軽にご利用ください。